access

2022.05.13

妊活・産後ケア・更年期をラクにWelpa×あしたのラク子さんイベントリポート【後編】

ABCテレビのバラエティ番組『女性の明日が楽になる!あしたのラク子さん』とWelpa心斎橋のコラボレーションイベントリポート、前編では生理にまつわるフェムテックを中心に展開されました。続く後編では、妊活、産後、更年期などさまざまなライフステージで役立つフェムテックをご紹介。※以下、トークを読みやすく編集したもので、一部実際の表現と異なる部分があります。

 

▶前編:フェムテックで生理をラクに Welpa×あしたのラク子さんイベントリポート【前編】

Text & Edit RCKT / Rocket Company*

妊活に授乳、尿漏れ…助けて、フェムテック!

 

澤田:生理に関するアイテムをはじめ、日本では去年あたりから「フェムテック」というワードを聞くようになってきました。続いては「ラク子になるためのフェムテック活用術」についてお話ししたいと思います。まず、フェムテックについて。先ほどからのお話で、欧米で使われ始めた言葉ということでしたが、具体的にはどういった意味なのでしょうか。

 

中村:フェムテックとは、女性を表す「female」と技術を表す「technology」をかけあわせた造語です。生理だけではなく女性ホルモンが関係する健康課題すべて、つまり生理から始まり、妊活・不妊、妊娠・出産、更年期、セクシャルウエルネス、メンタルヘルス、女性特有疾患を含めた7つのカテゴリーをカバーしています。

 

澤田:生理にまつわるアイテムについては先ほどご紹介いただきましたが、それ以外にはどんなものがあるのでしょうか?

 

中村:ちょうど白鳥さんがご出産後ということですが、例えば自動搾乳機というものがあって、ブラジャーの中に入れておいてスマホと連動させると、どのくらい搾乳できたかを教えてくれます。

 

白鳥:ブラジャーの中に入れておくと搾乳してくれるというのは初めて聞きました。いいですね、(搾乳に)時間取られてましたから。スマホと連動っていうのも手軽でいい。

 

中村:あと、フェムテック産業の中でも特に最新のテクノロジーを使っているのが妊活のカテゴリーでして。例えば、おりものや息から排卵日を予想してくれるものもあります。もちろん基礎体温をつけるといった方法もあると思うんですが、うまく記録できない方もいらっしゃいますよね。いろいろなテクノロジーを使うことで自分の生活や身体を知ることもできるんです。

 

澤田:選択肢がどんどん増えているということですね。私が今28歳で結婚や妊娠・出産を経験していないということもあり、フェムテックというと生理、というイメージが強いんですが、それぞれのライフステージに合わせたいろいろなフェムテックが存在するということですものね。

 

中村:すごくたくさんありますね。更年期向けのアイテムもたくさん出ています。先ほど紹介しましたが、吸水ショーツはちょっとした尿漏れにも使えます。尿漏れは産後や歳を重ねることによる骨盤底筋の緩みによって起こりやすくなります。これまで我慢してたとか、仕方ないなって思っていたことへの新しい選択肢、解決法としてあるのがフェムテックと思ってもらいたい。

 

白鳥:日本は、そういう意味では進んでいるんですか?

 

中村:そうですね、よく日本は欧米に比べて遅れているとか言われているんですけど、海外のプレイヤーと話をしていると「日本は国を巻き込んで市場が進んでいてすごい」とよく言われます。大企業が フェムテック産業に参入してくるケースも増えてきている。それはスタートアップ企業にとっては脅威ではあるんですけど、同時に市場が広がったり価格競争が起こって多くの方に新しい選択をしてもらえるきっかけにもなりますから、心身にモヤモヤを抱える女性にとっては喜ばしいことですよね。

膣トレアイテム「エルビー トレイナー」

膣トレにはいろいろな効果がある

 

澤田:実際、番組(『女性の明日が楽になる! あしたのラク子さん』)の中で白鳥さんが膣トレアイテム(エルビー トレイナー)を紹介していましたけど、使ってみてどうでしたか?

 

白鳥:最初見た時、「可愛い!」と思いました。はじめはちょっと怖かったんですけど、実物を見たら、これならできそうだな、って。最初は違和感があったんですけど、嫌悪感はなかったです。この膣トレグッズは、アプリと連動できてゲーム感覚で楽しめるようになっているんですよ。それが面白くて。膣に力を入れることで画面上に流れてくる玉に当てていくゲームなんですけど全然当たらない。でも、二十日くらい続けていたらボンボン当たるようになって。レベルアップしていくのがすごく面白かったです。そうやって遊んでいる感じでやっていたのに、いつの間にか「あれ、尿漏れしないぞ」って。ほんと落ち込んでたんですよ。尿漏れしてる...って。それを助けてくれたんで、「あ、よかった、私の人生また開けたな」って、大袈裟じゃなくそう思いました。

 

澤田:出産後に尿漏れに悩む方は多いって聞きますものね。

 

白鳥:そうみたいですね。私も知らなかったんですけど、「悩んでる」って言ったら「私もです」って何人もの方に言われて。女の人ってこんなに悩んでるんだって初めて知りました。しかも、中村さんと話していたら、10代の人も尿漏れに悩んでいる人が多いって聞いて驚いたんです。

 

中村:そうなんです。尿漏れって現代病になりつつあるって言われているんです。デスクワークで筋力が落ちているというのもあって、10代・20代でもなる人が多い。私は出産経験がないんですが、運動するときにちょっと(尿漏れを)感じることがあって、使い始めました。

 

白鳥:私も友達に聞いてお尻を締める膣トレをやってたんですよ。でも、これを使ってみて、全然違うところに力を入れてたんだっていうことに気づいて。私のイメージでは「お尻キュ」っていうイメージだと思ってたんですけど違っていて、「前をキュ」だと。これもしかしたら下っ腹にも効くかもしれない、ダイエットにもいいかもしれないと思って嬉しかったです。1日5分でいいっていう手軽さもよかったですね。

 

澤田:そういうゲーム感覚だから人と共有しやすいっていうのはありますよね。尿漏れ以外に、膣トレで効果が期待できることってありますか?

 

中村:骨盤の筋力が落ちて起こる湯漏れっていう症状があるんです。お風呂から出て身体をふいていると、思いもよらず(膣から)つーっと水が出ることってあると思うんですけど、それだけ膣が緩んでいるってことなんですね。それも軽減されます。あとは性交渉するときに性感度が上がるっていうのはありますね。

 

澤田:じゃあもう年代問わず良いことがあるということなんですね。

 

中村:そうなんです。私ももっと早く知っていればやっていたのにと思いました。ゲームやスマホが苦手とか、始めにくいという方にはこれもあります(Blush ケーゲルトレーニングキットを出して)。おもりを膣の中に入れてホールドするという膣トレアイテムなのですが、おもりも三種類あるので、レベルアップしながら自分の耐えられる重さに調整することができます。エルビーは5分でいいんですけど、それでも忘れてしまうこともある。たまにやばいって思ったときは、これを入れたままスーパーに行っています。
 

澤田:外出するんですか!?

 

中村:落ちないように力を入れたままスーパーに行って、帰ってきたらだいたい30分から40分。15分から60分くらい入れておくのがいいと言われているので、家事をしながらとか、お散歩行く時とかに入れておくと「ながら」トレーニングができて効率的です。

 

澤田:筋トレで鍛えるのと同じで、おもりで調整するってことですもんね。

 

中村:そうです。「ながら」でやる時もあれば、ちゃんと膣圧を測りながらというときはエルビーでトレーニングする時もある。私は併用です。

 

白鳥:筋トレみたいに楽しんでやれるといいですよね。

 

中村:そうなんです。私は基本がんばることは苦手なので、その時の自分の気分に合わせて、「あ、これなら今日できるかな」って。

 

澤田:大事かもしれない。私も続かないタイプなんで。

 

白鳥:続かないポイントをわかってますよね、5分でいいとか。プレゼントにもいいですね。可愛いし。

 

中村:すごくいいと思います。

 

- ケーゲルトレーニングキット(膣トレアイテム) - Blush

ちょっとしたことからでいい、我慢しなくていい

 

澤田:フェムテックに馴染みのない方からすると、どうやってフェムテックを取り入れていくんだろうって思ってしまいそうですが、中村さんがおっしゃったように「ながら」とか、少ない時間でちょっとでもラクになることができるといいなって。

 

中村:ここは少しでも変えてみようっていうところがあったら、そこから始めてみるのもいいと思います。そういう意味で、吸水ショーツは始めやすいですし、デリケートゾーン用のウォッシュアイテムを使ってみるだけでも一つのルーティーンになるので、変化が見えてきます。

 

澤田:目に見えるっていうのは大事かもしれないです。白鳥さんも、エルビーで目に見えるから続けられるっていうところもあったのでしょうか。

 

白鳥:そうですね。出産後のメンタルが落ちている時に、どんどんレベルが上がっていくのが目に見えるっていうのが嬉しかったですね。実際尿漏れも減っているのも、続けられる理由になった。子供を産んだら我慢することがいっぱいある。尿漏れはその一つだと思っていたので、それを助けてくれるアイテムに出会えて嬉しいですよ。

 

澤田:いろいろなアイテムの登場によって、女性の生活が変わりそうですね。

 

中村:大きく変わると思います。今、私たちを取り巻く社会がどんどん多様になっていますが、生物学的な女性の機能って変わってないじゃないですか。そのなかで副作用が生まれる。それは「仕方ない」じゃなくて、「じゃあどうしよう」って向き合えるものだと思うのです。自分で新しいものを取り入れることでQOL(Quality of Life=人生や生活の質)を上げていくことができます。冒頭でお話ししたように、私も生理痛がひどくて仕方ないと思っていましたが、自分のアクション一つで変えられるんだ、と実感したのがまさにフェムテックでした。

 

澤田:ちょっとしたことで変えられる、って気づくと、前を向ける気がします。

 

白鳥:我慢しなくていいんだね!

 

- 吸水ショーツ The Thong (ソングタイプ) - proof

- 吸水ショーツ The Lace Cheeky (サイドレース) - proof

 

 

 

●出演者プロフィール

 

白鳥久美子(たんぽぽ)

2008年、川村エミコとともにお笑いコンビ「たんぽぽ」を結成。2018年に芸人のチェリー吉武と結婚、2021年に第一子を出産し現在育児に奮闘中。

 

中村寛子(fermata 株式会社CCO)

2019年、fermata株式会社を共同創業。いち早くフェムテック市場に乗り出し女性のウェルネスやセクシャルウェルネスの課題解決に尽力している。

 

澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)

2016年、ABCテレビにアナウンサーとして入社。『あしたのラク子さん』『おはよう朝日です』『ミルクボーイの火曜日やないか!』などを担当。

 

 

 

●番組概要

 

『女性の明日が楽になる! あしたのラク子さん』

「生理」や「出産」に伴う女性ならではの体の悩み”をラクにする!をテーマに様々なテクニックや最新アイテムを紹介するバラエティ番組。

4月1日(金)深夜24時24分~ ABCテレビで放送

※関西ローカル

 

 

 

●ショップ概要

 

fermata store in Welpa

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3

心斎橋PARCO 10F

06-6227-8101

 

「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」をコンセプトに、国内外から厳選したフェムテックアイテムを販売するfermataの常設店。月経・セクシャルウェルネス・妊娠などにまつわる、女性の心身のモヤモヤを解消するアイテムを幅広く提案。

 

★PARCO ONLINE STOREはこちら

 

※心斎橋PARCO全館の営業時間変更に伴い、1月17日(月)から当面の間、営業時間を10:00~20:00とさせていただきます。

※営業時間は変更になる場合があります。

page top

scroll
Wellness Parco