access

2022.04.29

フェムテックで生理をラクに Welpa×あしたのラク子さんイベントリポート【前編】

ABCテレビのバラエティ番組『女性の明日が楽になる! あしたのラク子さん』とWelpa心斎橋のコラボレーションによるイベントが4月2日に開催されました。ゲストにたんぽぽの白鳥久美子さんとfermata(フェルマータ)株式会社CCOの中村寛子さんを迎え、ABCテレビアナウンサーの澤田有也佳さんによる進行で繰り広げられるトークセッションをリポートします。前半となる今回のメインテーマは「生理」。悩める女性たちをラクに導くフェムテックとは?

 

※以下、トークを読みやすく編集したもので、一部実際の表現と異なる部分があります。

Text & Edit RCKT / Rocket Company*

fermata store

フェムテックってなに?

 

澤田:今日は女性の身体やフェムテックをテーマにお二人のゲストの方と語り合っていきたいと思っています。まず、フェムテックとはなんなのか? フェムテック専門のオンラインショップを作り、フェムテック事業に先鞭をつけたfermataの中村さんにお聞きします。

 

中村:フェムテックは、女性の健康課題をテクノロジーによって解決するアイテムをはじめとした産業のことを指します。2012〜13年頃にドイツで生まれた新しい産業と言われています。私たちが創業したのが2019年で、2020年の夏頃からメディアで取り上げられるようになりました。

 

澤田:心斎橋PARCO10階のWelpaに中村さんが携わっているフェムテックの専門店「fermata store」がありますよね。先ほど白鳥さんと行ってきました。

 

白鳥:女性の健康課題というとタブーのイメージがあったのですが、可愛いものがいっぱい並んでいたから楽しくて長居してしまいました! これ使ったらラクそうだな、っていうアイテムもたくさんありました。

 

 

生理痛、生理前の落ち込みやイライラ…ひたすら耐えるしかない!?

 

澤田:フェムテックのアイテムについてもっと詳しく、自分に合ったアイテムの選び方を教えていただきたいです。今日はいくつかテーマを設けています。最初のテーマは、「生理」。女性にとっては切っても切り離せないお悩みがあるかと思います。お二人はいかがでしょうか?

 

白鳥:私はもともと生理が重くて、ずっとお腹が痛い。それから、生理の前の1週間くらいは絶望的な気分になるんです。私なんて生きていてもしょうがない、もうすぐ干される、みたいな時期が1週間くらい。その後の1週間は生理痛なので、月の半分、鬱々としているんですよね。女性って人生損してるんじゃないかって思う。

 

澤田:男性からすると、「生理って何日かで終わるんでしょ」って思っているかもしれないけど、排卵日や、PMSなども含めると、そんなことないんですよね。なんとか自分で解決したいと思っても、できないのが生理。苦しいですよね。番組(『女性の明日が楽になる! あしたのラク子さん』)で200人の女性に生理のお悩みに関するアンケートを取ったところ、生理痛、生理前の気分の落ち込みやイライラというのが多く挙がりました。

 

中村:私も生理痛が酷くて、高校生の頃は生理初日に痛すぎて気を失ったことも。ひたすら耐えていました。家だとまだいいんですけど、駅のホームでベンチも埋まっていて、席を譲ってくれとも言えず、しゃがみこんで気がついたら横になっていたことも。意識が飛んでしまっていたんでしょうね。その時は命の危険を感じました。

 

白鳥:痛いですよね。他人に伝えたいんだけど、伝わらない。言語化しにくいんです。

 

中村:今は、排卵期の痛みで悩んでいます。生理が終わってからの1週間はいい状態なんですけど、続いてやってくる排卵期に、生理痛とはまた違った痛みがある。

 

白鳥・澤田:ああ〜。

 

中村:痛くて当たり前だと思っているから、他の人と比べないじゃないですか。でも実は、家族でも母親と私とでは全然違う。誰かと話したいなと思った時に気軽に話せる場がなかったのかなって思います。

 

澤田:それをフェムテックが変えてくれるのでしょうか?

 

中村:生理日のあたらしい選択肢として、心地よく快適に過ごすのを助けるのがフェムテックかなと思います。

月経カップ「ルネット カップ」

話題の月経カップ、使えばわかるメリットとは?

 

澤田:話題のものだと月経カップ、それに吸水ショーツでしょうか。

 

中村:はい。月経カップは折り畳んで直接膣の中に入れて、カップの中に経血をためて、取り出して捨てるもの。洗って何度でも使えてエコですし、初期投資としてはちょっと高いかなと思ってしまうかもしれませんが、一回買えば何年も使えます。それに、膣の中で完結するので臭いや蒸れが出にくいんですよ。

みなさんどうかわからないですが、私は生理中にドバッと血が出ると集中力が削がれてしまう。プレゼン中に意識がそっちに向いてしまったこともあります。それ以来、仕事で重要なタイミングには月経カップを入れておいて、目の前のことだけに集中できるようにしています。

 

白鳥:芸人ってロケのお仕事が多かったり、水に飛び込んだりすることもある。そういう時に生理中だとヒヤヒヤするんです。月経カップって、水の中でも大丈夫なんですか? あとこれ、どうやって入れるんだろう、って思って。

 

中村:はい、水の中でも大丈夫です。慣れちゃえば十秒くらいで入れられるんですが、タンポンを使ったことがない人には抵抗があるかもしれないですね。痛そうとか怖いといった気持ちもわかります。膣が乾燥している場合は潤滑ジェルなどを使って入れやすくするなどの方法もあります。挿入して痛い場合は正しい位置に入れられていなかったり、他の問題があるかもしれません。怖がらせるわけじゃないんですが、fermata storeのお客様でご購入いただいたカップを入れるとすごく痛いという方がいて、病院に行くことをおすすめしたんです。そしたら、病院で筋腫が見つかった、と。「異変に気づけてよかった」とご連絡をいただきました。

 

澤田:あと、経血の量もわかりますよね。

 

中村:そうなんです。毎月見ていると、今月は少ないな、とかわかります。月経カップ自体に目盛りがついているブランドもありますよ。匂いもあまりありません。血の匂いはしますけど、あの独特の匂いはないんです。空気に触れることであの独特の匂いが出てくるみたいなんです。

 

澤田:二日目とか、量が多い日にも漏れたりしないんですか?

 

中村:私も体調によって経血量が変わりますが、量が多い日は、薄めの吸水ショーツを併用すれば少し漏れても安心です。あとは一回月経カップを取り出して経血を捨てるか。1日8~12時間くらい膣内に入れておけるのですが、私は8時間くらいで一回出して、また入れて、っていうことをトイレでやることもあります。

 

澤田:慣れてしまえばラクそうですね。お手入れは簡単なんですか?

 

中村:できれば毎日煮沸していただきたいです。これ(月経カップ洗浄ポット)に入れてレンジで煮沸するやり方もありますよ。

 

白鳥:今、ナプキンが買えない「生理の貧困」がニュースになっていますが、女の子にこういうものを配るようになったら、ナプキンを買えずに困ってしまう、というようなこともなくなるんじゃないかって思いました。使ってみよう

かな。

 

澤田:一回トライするのはありですね。一回使ってみて、私は違う、なのか、いいね、なのか。

 

中村:繰り返しになりますが、選択肢の一つなので。合う、合わないは絶対あります。もしかしたら今まで自分が感じていた不快感が減るかもしれない、と思えば試す価値はあると思いますね。

- EVE 月経カップ
- ルネット カップ(月経カップ)

おしゃれな吸水ショーツで生理中も前向きな気持ちに

 

澤田:吸水ショーツもたくさん出ています。今、ユニクロさんなど有名ブランドも手がけていて話題になっているんですが、実際番組のアンケートでは、吸水ショーツを使ったことがあるという方は8%ほどでした。「気になるな、じゃあ実際に使ってみよう」というワンステップがなかなか踏み出せないのかなという印象です。

 

中村:怖いじゃないですか。「本当に大丈夫?」って。私が最初に吸水ショーツを購入したのが5,6年前。海外の通販で購入しました。最初はすごく怖かった。わかってるんですよ、トライしなきゃって。でもみなさんと一緒で、すごく怖くて。最初は二日目に、自宅にいる時にはいたんです。最悪何があってもいいなって。実際に吸水していくのを見て、あまりにラクですごく感動しました。私、夏はボクサータイプ1枚にTシャツで部屋着にしています。

 

澤田:私、番組で井上咲楽さんが着用されていたの(ベア シグネチャーショーツ)を収録の後に買ったんです。使ってみたんですけど、とてもラクでした。正直ちょっと怖くて三日目から使い始めたんですけど、蒸れも軽減されますし、不快感がだいぶなくなって感動しました。

 

白鳥:ラクなのが一番いいですよね。

 

中村:あと、漏れが怖い方は四日目、五日目くらいからトライされるのもおすすめです。そこで吸収したことを実感したら、二日目でもトライしてみようかなという気持ちになれるので。

 

澤田:(スライドを見ながら)Tバックタイプもあるんですね。

 

中村:ブランドによって吸水量が違うんですね。例えばこちら(ベア シグネチャーショーツ)が120mlほど吸水するもので、こちらのTバック(proof ソングタイプ)は10ml吸水するものです。ですので、四日目とか五日目にはおすすめですし、私はこのソング(Tバック)タイプはおりもの対策に使っています。

 

白鳥:おりものシートもあるけど、これはラクそうですものね。

 

澤田:白鳥さんには、お衣装に響かなくていいのでは?

 

白鳥:全身タイツ着てくださいって言われることもあるので、いいかもしれないです。

 

中村:お客様の中にも、すごくタイトなドレスや着物を着られるとのことでソングタイプを購入される方もいらっしゃいます。

 

澤田:すごくおしゃれなものが多いですね。

 

中村:後ろが総レースのものもありますよ。

 

澤田:ちょっと心が強くなれる気がしますね。前向きになります。私、生理だけど何か? みたいな。

 

中村:私は、(生理が)始まるか始まらないかみたいな時にはいています。不順になってしまって、来るか来ないかっていう時にはいておこうって。その時に生理が来ると、「やってやったぜ」みたいな。何と戦っているのかわからないんですけど(笑)。いつ来るかわからないからといってちょっと早めにナプキンをつけ始める、というのもストレスになる。吸水ショーツは、そのストレスを軽減してくれます。あと吸水量やデザインももちろんですが、素材もたくさんの種類があります。肌触りを重視したい方、お肌が敏感な方でも、オーガ

ニックコットンなどの肌に優しい素材でデリケートな部分をしっかりカバーできるものもありますので、実際に触っていただきながら選んでいただけるといいなと思います。

 

澤田:ナプキンやタンポンに加えて新しい選択肢として、という話がありましたが、実際どう使い分けたらいいんでしょうか。

 

中村:私は月経カップと吸水ショーツに完全移行していて、ナプキンとタンポンはもう5,6年使ってないんですが、二日目が怖いなあとか、睡眠時の漏れが怖いなあという方は、二日目・三日目まではナプキンにして、ちょっと少なくなったら吸水ショーツにするという方もいらっしゃいます。逆にタンポンとすごく薄い吸水ショーツを併用して、漏れても大丈夫なようにする方もいます。経血がタンポンの紐を伝って下着を汚してしまうこともあるので。

 

澤田:自分の量やライフスタイルによって、合うものを見つけていくのがよさそうですね。

- 吸水ショーツ The Thong (ソングタイプ) - proof

- 吸水ショーツ The Lace Cheeky (サイドレース) - proof

 

 

 

●出演者プロフィール

 

白鳥久美子(たんぽぽ)

2008年、川村エミコとともにお笑いコンビ「たんぽぽ」を結成。2018年に芸人のチェリー吉武と結婚、2021年に第一子を出産し現在育児に奮闘中。

 

中村寛子(fermata 株式会社CCO)

2019年、fermata株式会社を共同創業。いち早くフェムテック市場に乗り出し女性のウェルネスやセクシャルウェルネスの課題解決に尽力している。

 

澤田有也佳(ABCテレビアナウンサー)

2016年、ABCテレビにアナウンサーとして入社。『あしたのラク子さん』『おはよう朝日です』『ミルクボーイの火曜日やないか!』などを担当。

 

 

 

●番組概要

 

『女性の明日が楽になる! あしたのラク子さん』

「生理」や「出産」に伴う女性ならではの体の悩み”をラクにする!をテーマに様々なテクニックや最新アイテムを紹介するバラエティ番組。

4月1日(金)深夜24時24分~ ABCテレビで放送

※関西ローカル

 

 

 

●ショップ概要

 

fermata store in Welpa

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3

心斎橋PARCO 10F

06-6227-8101

 

「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」をコンセプトに、国内外から厳選したフェムテックアイテムを販売するfermataの常設店。月経・セクシャルウェルネス・妊娠などにまつわる、女性の心身のモヤモヤを解消するアイテムを幅広く提案。

 

★PARCO ONLINE STOREはこちら

 

※心斎橋PARCO全館の営業時間変更に伴い、1月17日(月)から当面の間、営業時間を10:00~20:00とさせていただきます。

※営業時間は変更になる場合があります。

page top

scroll
Wellness Parco